ドラムのダウンアップ奏法が出来ない人へ5つのコツや考え方

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマー(@jisyoutyuukyuu)です。

ドラムのダウンアップ奏法が出来ない人へ5つのコツ、考え方を紹介します。

Youtubeで見たい方はコチラ↓

1.ダウンアップ奏法は支点を固定すると出来ない

ハイハットをスティックで叩こうとしているのを横から見たイメージです。

持っている手が支点となり、持っている手が中心点となってスティックを動かすイメージです。

手元でスティックの角度を変えれば、スティックの先端はそれ以上に大きく動きます。

なんとなく合理的にも思えるイメージですが、、、

残念ながら、このイメージだと、ダウンアップ奏法は上手く出来ないです。

ドラムは単純な往復運動のみで演奏するとスピードは上がりません。

なので、ダウンアップ奏法では、

ダウンストロークとアップストロークという2種類の叩き方を交互に繰り返して演奏します。

しかし、この2種類の叩き方も初心者が行うと往復運動になってしまうことが多いです。

他サイト様で、4つのストローク(フル・ダウン・タップ・アップ)の解説をされている所もありますが、そんなにドラムは単純じゃないです。

スティックの高さ=音量となるのは、ミドルテンポまでです。

速いドラムを叩くときに、振り上げる時間はありません。

2.アップストロークはチップではなく手をアップする

ダウンアップ奏法でのアップストロークは、手(支点)をアップします。

スティックの先端(チップ)は上げません。ハイハットを叩かなければなりません。

グリップ位置は上に動き、スティック先端は下に動いてハイハットを叩きます

回転の中心はおおむねスティックのショルダー部分になります。

手で持っている位置(支点)と、回転の中心(中心点)が異なっているのがポイントです。

手首を曲げたり回転させてハイハットを叩く

・手自体を上げる(この時、肘を曲げたり脇を開けておく)

2つの動きを同時に行うということです。

3.ダウンストロークは腕で叩く

実は、ダウンアップ奏法のダウンストロークは特殊です。

なぜなら、チップが上がっていない状態からアクセント音を出さなければならないからです。

どうするかというと、腕の力で叩きます。

先ほど紹介したアップストロークを行うと、スティックの先端(チップ)はあまり上がっていない状態です。

しかし、スティックを持っている手自体は上がっているはずです。

ここからハイハットを叩くには、

肘を伸ばしたり、脇を閉じたりする動きを使います。

これはやり方によるのですが、共通するのは手首を使わずに腕の力で叩くということです。

ハイハットのエッジ(縁)をスティックのショルダー部分で叩けばある程度の音は鳴ります。

ポイントとしては、肘や脇を閉じる動きが先にあり、その後にスティックが動くことです。

腕は一生懸命動くわりに、スティックはあまり動きません。

4.ハイハットは音が通りやすい

ハイハットは音が通りやすい楽器です。

紹介した手の動かし方が洗練されていなくても心配ありません。

スティックがぶつかればある程度の音は鳴ります。

初心者の場合は、

アクセント=ハイハットのエッジ(縁)をスティックのショルダーで叩く

ノンアクセント=ハイハットのトップ(上面)をスティックのチップで叩く

と演奏しておけば大体なんとかなります。

音楽的に必要だと思ったら、エッジだけでアクセントを叩き分ける練習を始めても遅くはありません。

5.スティックよりも腕の動きが大きくなる

紹介してきた動きを行うと、スティックの先端のハイハットを叩く動きよりも、

腕の動きの方が大きく、大げさになります。

つまり、腕の動きをスピードや音量に変換出来たということです。

最初に紹介したイメージの画像では、

より小さい動きでスティックを大きく動かすことが出来ます。

より小さい仕事量で大きな結果を出すことが美しいという考え方もありますが、

仕事量を増やしてもっと大きな結果を出そう!

ということがダウンアップ奏法ではないでしょうか。

そのように自称中級ドラマーは考えています。

ドラム演奏は身体の運動であって、ビジネスではありません。

仕事量(身体の動き)を増やしてもあなたがカロリーを少しだけ多く消費するだけで、他になんのデメリットもありません。

わざと大げさに身体を動かして、ドラムを叩く動きに変換してみるのも新たな発見があります。

むしろ、仕事量(身体の動き)を制限して大きな結果(より速く叩く)を求めると体に負担がかかり、腱鞘炎などで痛めてしまう可能性があります。

ちょっと違う話をします。

自称中級ドラマーは過去にニコニコ動画で手首が固いと散々叩かれてきました。

しかし、手首の痛みに悩んだことは1回だけです。

クラッシュシンバルを叩く時に痛くなりましたが、手首の角度をチョップする角度に変えたら解決しました。

もちろん、ドラムはショー的な面もありますので、最近では余裕のあるテンポではわざと大きく振りかぶって叩くことも練習しています。

6.動画

実際に人間が演奏すると、
全体的な上下の動きや無理無駄ムラが出てくるのでわかりにくいです。

また、エレドラのゴムパッドが良く反発するので、リバウンドしてます。

テンポ200を超えると無意識にリバウンドを使ってるのかもわかりませんが、それは今後の研究課題とさせて頂きます^^;

5.おわりに

いかがでしょうか。
理論を持って練習する事で効率がグッと上がると思います。

youtubeには色々な動画があふれていますが、
理論的に説明している方はとても参考になりまし、私もそうありたいと思っています。

一方、こんな感じで。。。と感覚論で解説している動画でも、
スティックの先
グリップ
手首の向き
腕の向き
肘の位置
足首の角度
ひざの高さ
その他もろもろ・・・
を注意深く見る事で新たな発見があるかもしれません。

すぐに発見出来たら誰でも世界で活躍出来きてしまうので、そこがドラムの奥深さや面白さなのだと思いますが。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
♪ドラム系全記事一覧も是非ご覧ください♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)