ドラムのモーラー奏法でダブルストロークを練習してみた

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

モーラー奏法でダブルストロークを練習してみました。

私自身は、インターネットのみで情報収集を行い練習した、

いわゆる独学モーラー奏法です。

そもそもモーラー奏法について知らない方は、

K’s MUSICをご覧頂ければと思います。

モーラー奏法の教科書のようなサイトです。私もよく見ています。

話がそれましたが、それでは早速語っていきます。

1.モーラー奏法のダブルストロークとは

モーラー奏法のダブルストロークとは、

ほぼほぼ小指支点でのダブルストロークだと認識しています。

親指と人差し指を支点にして行う従来のダブルストロークとは操作感覚が大きく異なります。

私はそれぞれ叩き分けられるように練習しています。

また、回転させながら打つ事で2打目にもパワーを伝えられるような気がします。

2.モーラー奏法でダブルストロークを行うメリット

モーラー奏法でダブルストロークを行うメリットは、大きな音量で演奏出来ることです。

従来の親指と人差し指を支点にするよりも、大きな音量が出ます。

その結果、存在感のあるダブルストロークが打てるので、

ルーディメンツを応用したフレーズもべチャッとした感じではなく、

一音一音がハッキリと聞こえるフレーズが演奏出来るのではないでしょうか。

私もまだまだ練習中ですが、この記事の最後には、

シックスストロークを実際に演奏した動画を載せております。

3.モーラー奏法のダブルストロークで大きな音量が出る理由

モーラー奏法のダブルストロークで大きな音量が出る理由は2つあると認識しています。

3-1.振り幅が増す

振り幅が増えると、単純に考えれば音量も増えます。

スティックの持ち方が小指支点の為、振り幅が増します。

従来の親指と人差し指の握り方と比べると、スティックを長めに持っている事になります。

(画像準備中)

スティックを同じ角度で振り上げた時、長めに持っている方が高さを得る事ができます。

3-2.ダブルストロークの2打目でも回転

回内もしくは回外という動きで回転させながら打つ事で、

ダブルストロークの2打目にも力を伝える事が出来ているような気がします。

従来の親指と人差し指で握るダブルだと惰性メインとなってしまいます。

4.モーラー奏法のダブルストロークが活躍するフレーズ

シックスストロークロールでは無いでしょうか。

私自身は、神保彰のファンでもあり、フュージョンドラマーが好きです。

この手順はフュージョンだと頻繁に使われるのですが、

軽音楽部時代にロックバンドをコピー演奏していた時には全然この手順が登場しませんでした。

オリジナルバンドで使ってみた事もありましたが、いまいち存在感が出ないんです。

原因はダブルストロークの音量が小さかったからでは、と今になって思います。

5.モーラー奏法でシックスストロークロールを練習してみた

回内(ドアノブを内側に回す動き)のダブルストローク

回外(ドアノブを外側に回す動き)のダブルストローク

それぞれの動きを確認後、RLLRRLの手順でシックスストロークロールを練習してみました。

左手の回内ダブルは上手く出来ている気がします。

右手は全体的に上手く出来てないような気がします。

5-1.右手の課題

2種類の動かし方で悩んでいて、右手が意識できずにあやふやになってます。

動かし方その1とその2を叩き分けられるように頑張ります。

5-1-1.動かし方その1

R(外回転)LL(回内)RR(回内)L(外回転)

アクセント部分のシングルストロークを外回転、

ダブルストロークを回内で揃えた動かし方

5-1-2.動かし方その2

R(内回転)LL(回内)RR(回外)L(外回転)

RLLRRLというフレーズで考えた時に、

最初のRLLを内回転系、後ろのRRLを外回転系で揃えた動かし方

6.おわりに

いかがでしたでしょうか。

私自身がまだまだ課題が多いのですが、現在取り組んでいる事という事で記事にしてみました。

それでも、小指支点で握っているので、従来の叩き方よりは音量が増してます。

粒立ちの良いダブルストロークが打てている気がします。

正式にモーラー奏法を習われている方からしたら鼻で笑われるかもしれませんが。

そもそも独学であるが故、これがモーラー奏法なのかもわかりません。

しかし、結果として自分の理想とする演奏に一歩ずつ近づければ良いではありませんか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)