【ドラムの達人】(かんたんコース)8ビートを叩くドン!

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)8ビートを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ ...

フレーズ1

多くの人がドラムの基本と言うフレーズです。

バスドラムは大きく鳴らし、スネアドラムはオープンリムショットがロックの基本です。

ハイハットは、、、今は好きに叩いて下さい。

ハイハットはドラムセットで最も音色がコントロールしやすい楽器です。

2枚の開き具合やアクセントの付け方で変化を付けることができます。

音楽なので何が正解とかはありません。色々試してください。

コピーバンドをする時には、なるべく音源に近づけることで新たな発見があるかもしれません。

フレーズ2

ドンドンパン♪ドンドンパン♪

テレビがある家庭で育った人であれば、ほとんどの人が知っているであろうリズムです。

(↓リンクから試聴できます)

自称中級ドラマーは軽音楽部の初ライブで、Sk8er Boiを演奏しましたが、大苦戦したパターンで思い入れがあります。

力み過ぎて体力がなくなってしまい、曲の後半ではパターン1に変えて叩いて乗り切りました。

フレーズ3

3拍目から4拍にかけてのドパン♪が楽しいリズムパターンです。

フレーズ4

スネアの直後にバスドラムを叩くのはなかなか難しいです。

フレーズ5

これは超頻出パターンです。

フレーズ1とフレーズ5を続けて行うパターンもオススメです。

フレーズ6

バスドラムが連続するパターンです。

2拍目裏から3拍目にかけてプッシュするようなイメージです。

フレーズ7

ボサノヴァやサンバキックに通ずる基本パターンです。

オールラウンダーなドラマーになる為に、練習しておきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ドラムという楽器は、8割以上はリズムパターンを演奏します。

なので、色々なリズムパターンを練習することが上達への近道なのです。

今回紹介したフレーズは、どれも基本となるフレーズです。

1つのバスドラムのパターンに固執せず、全てのパターンがスムーズに演奏できるように練習しておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。