【ドラムの達人】(かんたんコース)基本リズムパターンを叩くドン!

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)基本リズムパターンを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ ...

この回では、8ビート以外の基本リズムパターンを紹介しています。

8ビートについてはコチラ

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)8ビートを叩くドン!の解説...

フレーズ1

ダブルタイム(倍テン)と呼ばれるパターンです。

Hi-STANDARDなどのメロコアやパンク系のバンドでよく使われるパターンです。

疾走感があるリズムパターンです。
(実際にテンポを倍にしているのと変わりはないので当たり前ですが)

バスドラムのダブルストロークも組み合わせて使うのが王道パターンとなります。

ふつうコースで登場しますので、お楽しみに。

フレーズ2

頭打ちと呼ばれるリズムパターンのフレーズです。

今まで紹介してきたリズムパターンは、バスドラムを始めに打つパターンでした。

一方、このリズムパターンは、スネアドラムがリズムをリードするパターンです。

また、自称中級ドラマーの主観ですが、このフレーズはハイハットがハーフオープンで演奏されることが多いです。

もちろんハイハットがクローズだったり、ライドシンバルで演奏されることもあります。

色々試してみて下さい。

フレーズ3


16ビートと呼ばれるパターンです。

左手も登場して忙しくなりますが、右手でスネアを打つのも難しいです。

動画では自称中級ドラマーも少しズレています。

このパターンに限った話ではありませんが

足と手、右手と左手など、2つ以上の楽器を完璧に同時に鳴らすのは意外と難しいです。

そんなことも感じながら練習してみて下さい。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

8ビート以外の基本リズムパターンを3つ紹介しました。

曲のコピーが難しい時には、基本リズムパターンに簡略化して演奏することも一つの手です。

この3パターンは是非覚えておきましょう。

サイトマップ(記事一覧)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。