【ドラムの達人】(ふつうコース)バスドラのダブルを叩くドン!

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(ふつうコース)バスドラのダブルを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

フレーズ1

小節の最初にバスドラムのダブルを入れるパターンです。

足だけならできるけど、リズムの中で出来ない方は、ここから初めてみてはいかがでしょうか。

フレーズ2

バスドラムのダブルからスネアに繋げるパターンです。

バスドラムに集中しすぎて左手を上げ忘れないようにしましょう。

ハイハットを抜いてみるのも良いかもしれません。

フレーズ3

裏拍から表拍へのバスドラムのダブルストロークです。

フレーズ1、2よりも一気に難易度が高くなります。

バスドラムのダブルストロークの2打目とハイハットを一緒に叩くのが難しいです。

足を上げるタイミングを考えてみると良いかも知れません。

フレーズ4

殆どフレーズ3と変わらないパターンです。

ハイハットとバスドラムが繋がって、

ツドド

と3連続の音になる事を意識すると良いかも知れません。

頭でシンバルを叩いてみる練習もオススメです。

バスドラムのダブル2打目とシンバルを一緒に叩くのもなかなか難しいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ここが壁になるドラマーの方も多いかと思います。

まずはフレーズ1とフレーズ2をしっかり叩けるように練習し、

フレーズ3とフレーズ4は気長に取り組んでみて下さい。

ちなみに自称中級ドラマーは、ヒール&トゥ(ダウンアップ?)もどきで踏んでいます。

スライド奏法で壁に当たっている方は、この奏法の方があっているかも知れません。

ごきげんいかがですか?自称中級ドラマー(@jisyoutyuukyuu)です。 バスドラムのダブルストロークは色々ありますよね。 ...

ドラムの達人でどんどん練習しよう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。