【ドラムの達人】(ふつうコース)バスドラムを裏に入れるドン!

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(ふつうコース)バスドラムを裏に入れるドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

フレーズ1

初めてバスドラムを裏に入れると壁を感じるかも知れません。

ゆっくりなテンポから初めてみるのが王道の練習方法です。

右手を基準にして練習したり、ハイハットを抜いてバスとスネアだけで練習してみたりすると面白いかもしれません。

フレーズ2

フレーズ1と似たようなフレーズです。

4拍目のバックビートの前にキックを入れています。

フレーズ1よりも簡単に感じるかもしれません。

フレーズ3

リズムパターンとしては良く出てくるものです。

このフレーズも是非ハイハットを抜いてバスドラムとスネアだけでも叩いてみて下さい。

ドン!たーっどっうっタン!

このたーっどという16分音符3つ分の長さの感覚はドラムを演奏する上で大切になってきます。

フレーズ4

スネアの直後にバスドラムを入れるのは結構難しいです。

フレーズ5

4拍目のスネアの後に入れるフレーズです。

スネアの直後のバスドラムに気を取られて、次の小節の頭のバスドラムがずれないように注意しましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

バスドラムを裏に入れると、一気に難しくなってくるのではないでしょうか。

そして、ドラムという楽器の奥深さも、だんだんと感じられてきたのではないでしょうか。

自称中級ドラマーも、電子ドラムで死ぬほど練習しました。

手足の連携、コンビネーションは電子ドラムでも生ドラムと変わらない練習効果があります。

電子ドラム10年使った感想

ドラムの達人でどんどん練習しよう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。