【ドラムの達人】(ふつうコース)手足のコンビネーションを叩くドン!2

スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(ふつうコース)手足のコンビネーションを叩くドン!2の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

【ドラムの達人】ふつうコースまとめ
ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人ふつうコースのまとめページです。 かんたんコースはコチラ↓ むずかしいコースはコチラ↓ リズムパターン系 ...

前回記事はコチラ↓

【ドラムの達人】(ふつうコース)手足のコンビネーションを叩くドン!
ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(ふつうコース)手足のコンビネーションを叩くドン!の解説ページです。 ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です...

スポンサーリンク

フレーズ1

超頻出な手順です。

バスドラムの音量が小さくならないように注意しましょう。

一つ一つの楽器をしっかりと叩いて音を聞けるようにしてからリズムに集中しましょう。

リズムが難しくて気になってしまい、タムの音量が小さくて余計にリズムがわからない、という状態になりがちです。

どうしても難しくてできない場合は、

・右手と右足(左手は休憩)

・右手と左手(右足は休憩)

と分けて練習するのもひとつの方法です。

フレーズ2

スネアドラムの連打のあとに手足のコンビネーションを行うフレーズです。

右手はスネアからのフロアタム、

左手はスネアからのハイタム、

移動前と移動後の楽器を狙うことが大切だと自称中級ドラマーは考えています。

 

フレーズ3

連続してコンビネーションを行うフレーズです。

意外と右手が忙しいです。

タテトドタテトドタテトドタテトコと、一直線のイメージを持つのも大切です。

手順を追えたら、各楽器の音量にも気を配れるとワンランク上のドラマーになれるはず、

と自称中級ドラマーは考えています。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

手足のコンビネーションは、初心者の壁の一つです。

ここを諦めずに練習すれば、よりバンドを楽しめるようになるはずです。

むずかしいコースでは、もっと速かったり、リズムが難しいフレーズを紹介する予定です。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!