【ドラムの達人】(かんたんコース)シンバルを叩くドン!

ドラムの達人
スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)シンバルを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

【ドラムの達人】かんたんコースまとめ
ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ むずかしいコースはコチラ↓ かんたんコースは上の方から順番に練習す...

 

スポンサーリンク

フレーズ1

1拍目にシンバルを叩くフレーズです。

最も一般的なシンバルの使われ方です。

イントロ、Aメロ、Bメロ、サビなど、曲の中で場面が切り替わる時に、1拍目にシンバルを叩くことが多いです。

逆に、叩かない曲に出会った場合は、どんな状況だったかを覚えておくと、ドラミングの幅が広がるはずです。

 

フレーズ2

バックビートのスネアと一緒にシンバルを叩くパターンです。

4小節目や8小節目などに、フィルイン的な意味合いで叩くことが多いです。

フレーズ3

リズムパターンのバスドラムに合わせて叩くパターンです。

その曲特有のキメ(ギターやベースなども同じリズムで強調して弾く)の場面で登場することが多いです。

フレーズ1やフレーズ2に比べると頻度は低めです。

覚えておこう

・曲の変わり目でシンバルを叩くことが多い

・リズムを強調したい時にシンバルを叩く

おわりに

曲を聴くときには、どんな時にシンバルが使われているのか是非注目してみて下さい。

思わず真似したくなるような使い方があれば真似すれば良いのです。

ふつうコースでも変わった使い方を紹介できればと考えています。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!