【ドラムの達人】(かんたんコース)フィルインを叩くドン!

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)フィルインを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ ...

このページでは、譜面やポイントなどを紹介していきます。

フレーズ1

2小節のフレーズです。動画では、この2小節のフレーズを4回繰り返しています。

最後のスネアスネアハイタムがフィルインです。

タカトンとも言われたりします。

ロックやポップスにおいては、最もよく使われるフィルインの一つです。

フレーズを練習するときには、そのフレーズの先まで叩くことが大切です。

タカトンを叩いて終わりにせず、次の小節の頭のシンバルもテンポに合わせて叩けているかを確認しましょう。

フレーズ2

フレーズ1のタカトンの前にフィルインを足してみました。

カタカナで現すと、タンタンタカトンです。2拍のフィルインですね。

このように、叩いた事のあるフレーズにちょい足しをしてフィルインを作ることが出来ます。

自分の持っている引き出しを組み合わせて使うことが

ドラムを演奏する上でとても大切な考え方だと自称中級ドラマーは考えています。

フレーズ3

これは、3拍のフィルインです。

厳密には2拍半かも知れませんが、あまり深く考えなくても良いと思います。

2拍目の頭のスネア(とハイハット)は、バックビートでありながら、タンタタというフィルインの一部も担っています。

フレーズ4

2小節目1拍目のバスドラムを変化(2回打つ)させつつ、フィルインに繋げています。

フィルインには色々手法があります。

これは、リズムパターンを変化させながらのフィルインです。

実際の曲においては、4拍のフィルインはインパクトが強いです。

基本的には、フィルインが長いほど、ドラムの印象が強くなります。

叩く回数が少なくても、拍数が長いと目立つフィルインが作れます。

スローテンポのバラードなどで使えるはずです。

覚えておこう

・フィルインの拍数が長くなるほど印象が大きくなる

・バスドラムでもフィルインになる(リズムパターンの変化)

・一度叩いた事があると、叩きやすい

おわりに

初心者のうちはフィルインを自分で考えるよりも、曲で実際に使われているものを真似していった方が圧倒的に良いと自称中級ドラマーは思考えています。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。