【ドラムの達人】(かんたんコース)ハイハットを開けるドン!

ドラムの達人
スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)ハイハットを開けるドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

【ドラムの達人】かんたんコースまとめ
ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ むずかしいコースはコチラ↓ かんたんコースは上の方から順番に練習す...

スポンサーリンク

フレーズ1

最も多い使われ方の一つです。

注意点としては、左足の上げるタイミングです。

ハイハットは2枚のシンバルから構成されています。

左足を上げるのが早いと上のハイハットしか叩く事ができず、ショボい音になってしまいます。

そういう音を求めて狙って演奏する場合なら良いのですが、

基本的には、両方のシンバルが振動するように鳴らすことを心掛けると良い、と自称中級ドラマーは考えています。

そもそも、左足を完全に上げるのではなく、軽く緩める感じでオープンにすると、音は安定しやすいかと思います。

フレーズ2

スネアの直前にハイハットを開けるパターンです。

バスドラムを踏みつつ、左足を操作するので大変かもしれません。

フレーズ3

スネアと同時にハイハットを開けるパターンです。

慣れないことをやると、次の小節の頭がずれがちになります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ドラムセットは左足も操作する楽器です。

ドラムマニアは昔は左足が無かったのに、ここ数年で左足のペダルが付きましたね。

初心者から中級者へのドラムの上達は地道にフレーズを練習するしかありません。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!