【ドラムの達人】(むずかしいコース)パラディドルを叩くドン!

スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(むずかしいコース)パラディドルを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

【ドラムの達人】むずかしいコースまとめ
ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人むずかしいコースのまとめページです。 かんたんコースはコチラ↓ ふつうコースはコチラ↓ リズムパターン系 ...

スポンサーリンク

フレーズ1

パラディドルとは、簡単に言うと手順の名前です。

RLRR LRLL という手順です。

マーチングでスネアドラムを叩きながら行進する時に、

足の右、左に合わせて頭拍が右手、左手と切り替えることができます。

ドラムにおいては、フレーズの幅を広げるのに役立ちます。

パラディドルの他にも様々な手順が存在します。

そのような手順をまとめたものをルーディメンツと呼びます。

少し脱線しましたが、フレーズ1では、ハイハットを右手、スネアドラムは左手のみで演奏します。

2拍目と4拍目のバックビートのスネアはオープンリムショットで演奏してみましょう。

(ひとまずこのフレーズでは、です。最終目標は自由にアクセントがつけられることです。)

 

フレーズ2

右手をライドシンバル、左手をハイハットに固定したフレーズです。

カラフルなイメージのフレーズです。

フレーズ3

フレーズ2に、2拍4拍のバックビートのスネアを加えたパターンです。

手順は変わりませんが、叩く楽器を一部分だけ変えると新しいフレーズが生まれます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

パラディドルをドラムセットに応用した先駆者ドラマーとしては、スティーヴ・ガッド(Steve Gadd)が有名です。

Youtubeで検索するとそのプレイを見ることができます。

また、日本人ドラマーでは神保彰もスティーヴ・ガッドに影響を受けています。

自称中級ドラマーも神保彰氏のワンマンオーケストラ(ドラムだけのライブ)に何度も足を運びました。

プロのプレイを至近距離で、しかも後ろや横から見れるのは良いですね。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!