【ドラムの達人】(かんたんコース)右手の楽器を変えるドン!

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)右手の楽器を変えるドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ ...

フレーズ1

(かんたんコース)今からドラムを始めるドン!でも紹介したフレーズです。

この基本的な8ビートのリズムパターンをもとに、フレーズ2以降では、右手を変えていきます。

フレーズ2

右手でライドシンバルを叩くパターンです。

ハイハットの次に右手で叩くことが多いです。

サビやアウトロでこのパターンを使う曲は多いです。

フレーズ3

右手でフロアタムを叩くパターンです。

ジャングルっぽい、ワイルドっぽい、そんなイメージのリズムパターンが作れます。

・サビ前のBメロ
・2番のAメロ

などで使われることが比較的多いです。

また、このフレーズでは左手は2拍4拍のバックビートのみを担当していますが、

発展させてハイタムなども叩くパターンもよく登場します。

ふつうコースで紹介予定です。

フレーズ4

右手でスネアドラムを叩くパターンです。

スネアとバスドラムだけでリズムパターンを作ることもある、とだけ覚えておきましょう。

はアクセント記号で、強調して(簡単に言うと大きな音で)演奏することを意味します。

動画の中では、このアクセント部分を両手で演奏しています。

右手は気持ち小さめ、左手のアクセントは大きめに叩いています。

両手で叩くことを装飾音符と言ったりもします。

ここでは、深くは語りません。

スネアとバスドラムだけでリズムパターンを作ることもある、ことが知れればOKです。

詳しくはふつうコースで紹介予定です。

覚えておこう

・右手で刻む楽器を変えるだけで印象が変わる

おわりに

いかがでしたでしょうか。

新しいフレーズを練習するときには、右手で叩く(刻む、なんて言ったりもします)楽器を変えて練習してみるのも新たな発見があるかもしれません。

ちなみに、曲を耳コピする時には、

・バスドラム
・スネア
・右手が何を叩いているのか

この3点を中心に自称中級ドラマーは聞いています。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。