【ドラムの達人】(ふつうコース)シャッフルを叩くドン!

スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(ふつうコース)シャッフルを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

【ドラムの達人】ふつうコースまとめ
ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人ふつうコースのまとめページです。 かんたんコースはコチラ↓ むずかしいコースはコチラ↓ リズムパターン系 ...

スポンサーリンク

フレーズ1

シャッフルとは、ざっくり言うと3連符で構成されるリズムです。

3連符は1拍の間に3つ音を鳴らす音符です。

まずは3連符に慣れるために、スネアドラムだけで演奏してみましょう。

動画を見ればなんとなくわかるかと思います。

2小節目は、3連符の3つの音のうち、2番目の音を抜いたリズムです。

このタッタタッタ・・・という感覚を体に染み込ませましょう。

フレーズ2

フレーズ2では、いよいよシャッフルのリズムパターンを演奏していきます。

1小節目の2拍目で、スネアドラムをタッタというリズムで演奏してみましょう。

2小節目は、3連符の感覚を感じながら演奏するように用意しました。

なので1小節目だけを延々と繰り返しても構いません。

フレーズ3

バスドラムでもシャッフルのリズムを表現してみましょう。

頭の中で常にタッタタッタタッタタッタというリズムをイメージして、

そのタッタタッタタッタタッタに当てはめて演奏するようにしましょう。

フレーズ4

 

フレーズ2とフレーズ3を合体させたリズムパターンです。

ふつうコースではこのフレーズが目標フレーズとなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コピーバンドをしている方は、是非シャッフルの曲にもチャレンジしてみて下さい。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!