【ドラムの達人】(かんたんコース)シンコペーションを叩くドン!

ドラムの達人
スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)シンコペーションを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

【ドラムの達人】かんたんコースまとめ
ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ むずかしいコースはコチラ↓ かんたんコースは上の方から順番に練習す...

 

スポンサーリンク

フレーズ1

2拍目のあとにシンバルが入るフレーズです。

通常、シンバルは曲の変わり目の1拍目などで叩くことが多いです.

しかし、このフレーズのように2拍目の裏など、別の場所でシンバルを叩くことがあります。

そうすることで、その曲、そのフレーズのオリジナリティが出せるのです。

シンコペーション、シンコぺ、喰う、クウなどと言ったりします。

楽器を演奏しないと気付きにくいのですが、多くの曲でシンコペーションを用いています。

例えば、LUNA SEAのROSIERは曲のほとんどにおいてシンコペーションしています。

4拍目の裏にシンバルを叩いています。

(↓リンクから試聴できます)

 

フレーズ2

フレーズ1にもう一つバスドラムを付け足したパターンです。

付け足したのは3拍目の裏です。この譜面だと、3回目にバスドラムを打つ所です。

ここにバスドラムを入れると何故か心が落ち着きます。

論理的な説明は自称中級ドラマーも出来ませんが、そのような感覚を持つ人が多いと思います。

フレーズ1だとベーシックなリズムとしては間が持たない、空間が気になると言ったところでしょうか。

フレーズ1が悪いわけではありません。ふわっと、ゆったりとしたイメージのバラードなどでは良く使われています。

このフレーズ2はドラム界のあるあるフレーズとして覚えておきましょう。

コピーバンドを沢山すると、よく登場するのを実感するはずです。

フレーズ3

4拍目の裏にシンコペーションを入れるパターンです。

このフレーズは良く使われています。

シンコペーション界の王道フレーズです。

フィルインで言うとタカトンくらいに頻出します。

是非練習してものにしておきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ドラムを演奏するにおいて、重要な3要素があります。

それは、リズムパターン、フィルイン、そしてこのシンコペーション(キメ)です。

万年初心者のヘタクソドラマーは、このシンコペーションの重要さに気づいていない気がします。

曲で出て来て初めて練習すると、なかなか上手く行かないです。

そのように自称中級ドラマーは考えています。

ふつうコースでは、様々な定番シンコペーションのフレーズを紹介する予定です。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!