【ドラムの達人】(かんたんコース)タム回しを叩くドン!

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)タム回しを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ ...

フレーズ1 ハイタムからロータムの1拍フレーズ

ハイタムとロータムを2発ずつ叩くフレーズです。

とりあえずタムを叩いてみましょう。という目的のもとで作ったフレーズです。

タムは、スネアやハイハットとは打った感触が異なります。

そんなことを感じながら叩いてみると良いかと思います。

動画では、画像の譜面を4回繰り返しています。

繰り返す時に、最後のロータムを叩く左手と、最初のシンバルを叩く右手がクロスしています。

是非チャレンジしてみて下さい。

やりにくければ、とりあえず右側のシンバルを叩いてみても良いです。

フレーズ2 超ド定番のタム回し

スネア、ハイタム、ロータム、フロアタムをそれぞれ2打ずつ叩くタム回しです。

これは使い勝手の良いフレーズで、邦ロックをコピーをしていても度々登場してきます。

このフレーズの前に、別のフィルインがついていることが多いですね。

このフレーズで締めくくれば上手くまとまる、とても万能なフレーズです。

自称中級ドラマー的には、サビの終わりでタム回しをする曲が多い気がします。

逆に、サビ前の緊張感や盛り上がりは、スネアの連打など、同じことを繰り返すことで表現することが多いです。
動画ではBPM80で叩いていますが、余裕があれば速いテンポでも練習してみて下さい。

フレーズ3 定番の練習フレーズ

これは、練習フレーズの定番です。

練習としては良く出てくる気がしますが、実際の曲で使われているかと言うと、なんとも言えないです。

ある意味では整い過ぎて不自然なフレーズなのかもしれませんね。

しかし、4発ずつを自然に叩ける感覚はドラムを演奏する上で重要だと自称中級ドラマーは考えています。

覚えておこう

・タムを順番に叩いていくようなフレーズを、タム回しと言う

おわりに

いかがでしたでしょうか。
ドラムを叩くならカッコいいタム回しを決めたいですよね。

初心者で多いのは、タムの音量が小さい事です。

なるべく真ん中付近を叩くと大きな音が出ると思います。

リズムパターンもフィルインもキメフレーズも、沢山の種類を練習して引き出しを増やすことが、上達への最短コースです。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。