【ドラムの達人】(かんたんコース)裏打ちを叩くドン!

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)裏打ちを叩くドン!の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人かんたんコースのまとめページです。 ふつうコースはコチラ↓ ...

フレーズ1

ハイハットは裏で叩きつつ、バスドラムとスネアを交互に叩くパターンです。

●●をしながら〇〇をする、と考えるとドラムは難しいです。

ドラムは一直線のイメージを持つことが大切だと自称中級ドラマーは考えています。

例えばこのフレーズであれば、ドツタツドツタツと考えることです。

フレーズを口で歌えるのが大切ということにも通ずるかと思います。

フレーズ2

邦楽ロックでは超頻出のフレーズです。

左足と右足がほとんど同じような動きをするパターンです。

フレーズ1よりもやり易いかもしれません。

注意点としては、左足と右足が同じと言っても、それぞれハイハットペダルとバスドラムを演奏するわけで、異なる動きをしているはずです。

具体的に挙げると、バスドラムの音量が小さくなる可能性があります。

フレーズ3

ライドのカップを叩くパターンです。

各楽器の音色、音量が同じになるように練習してみましょう。

同じように叩き続けることが大切というわけではなく、音量や音色をコントロールする上で、まずは同じことが続けて出来るようになることが最初のステップなのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

裏打ちという名前の通り、裏を狙うのが難しいですよね。

裏!裏!裏!裏!という意識だけではなく、頭拍を意識することも大切です。

例えば、メトロノームを1拍3拍で鳴らすなどです。

動画では、テンポ100の4分音符を鳴らしていますが、ここでテンポ50に変えるとします。

すると、テンポ100の1拍目と3拍目だけが鳴っている状態となります。

たまに大きな流れの中で練習するとリズムに対する意識が高くなるのでオススメです。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)