【ドラムの達人】(ふつうコース)裏打ちを叩くドン!2

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(ふつうコース) 裏打ちを叩くドン!2の解説ページです。

ドラムの達人とは、こんなの叩ける?と言うようなフレーズ練習用動画です。

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 ドラムの達人ふつうコースのまとめページです。 かんたんコースはコチラ↓ ...

前回記事はコチラ↓

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。 この記事は、Youtubeの【ドラムの達人】(かんたんコース)裏打ちを叩くドン!の解説ペ...

フレーズ1

バスドラムをよくある8ビートのパターンに変えたフレーズです。

3拍目の裏はハイハットとバスドラの2発目が重なることを意識すると良いかも知れません。

フレーズ2

バスドラムをよくある8ビートのパターンに変えたフレーズです。

バスドラムとスネアの掛け合い(ハイハットを演奏しない時のリズム)までを

意識できると安定感も増すのではないでしょうか。

余裕があれば、フレーズ1、フレーズ2と繋げて演奏してみるのもオススメです。

フレーズ3

シェイクのリズムのスネアを取り入れたパターンです。

2拍目から3拍目に掛けてのツタドのリズムが崩れないように気を付けましょう。

フレーズ4

シェイクのリズムのスネアを取り入れたパターンです。

さらにスネアドラムを多めに叩いてみたフレーズです。

手がギクシャクしないで叩けるようにしましょう。

そして、フレーズ3とフレーズ4をスムーズに叩き分けられるようにしましょう。

シェイク系のリズムを練習すると、一定のパターンが手癖になってしまうのは、

ドラマーあるあるです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

むずかしいコースでは、バスドラムの16分音符や、ハイハットのオープンも混ぜていきます。

ドラムの達人でどんどん練習しよう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。