超初心者必見!どんなバスドラの踏み方にも共通するたった一つのコツ

ごきげんいかがですか。

自称中級ドラマーです。

早速ですがタイトルの件、

もったいぶらずに言ってしまいます。

ズバリ、バネ(スプリング)と友達になるです。

一つ打ちだろうが二つ打ちだろうが

ツーバスドコドコしようが足モーラーしようがスイヴェル奏法しようが

全てバネを上手く使う事は共通なのです。

それではオーソドックスな踏み方

ヒールアップ(踵を上げた奏法ですよ。対義語はヒールダウン。)
かつ
一つ打ち(1発ドンと鳴らすという意味。対義語はダブルストロークでドドンです。)
かつ
クローズド奏法(打った後はヘッドに押し当てますよ。対義語はオープン奏法で音色が違いますが特に気にしなくて良いです)

にて解説していきたいと思います。

とりあえず初心者の方はこの奏法してれば問題ありません。
興味が出てきたら色々調べて下さい。

1.レディポジション

ざっくり日本語で表すと初期状態です。

ビーターがヘッドに軽く当たるくらいの状態であればOKです。

ヘッドから離れていても構いません。

力んでいようがリラックスしていようがどちらでも構いません。

無理無駄ムラを省く意味ではリラックスしていた方が望ましいです。

ただし、一つやってはいけない事があります。

以下の写真のように、踵を上げすぎる事はNGです。

理由は、ステップ2で足を上げる事が出来なくなってしまうからです。
(※厳密には、ステップ2で使いたい筋肉で足を上げる事が出来なくなる。です。)

まとめると、以下の2点の条件が満たされていればOKです。

・振り上げの為のバネのエネルギーが溜まっている=バスドラ側にビーターが倒れている
・足を上げる動きが出来る状態である=踵が極端に上がっていない

2.足を上げる

足を上げる際には、使う筋肉や動かし方を意識して下さい。

難しくは無いですよ。

背伸びをしたり、小さくピョンピョンと飛び跳ねたり、貧乏揺すりをする時に使う筋肉です。

椅子に座ったままつま先を地面に着けたままで踵を上げてみてください。

ふくらはぎの外側?あたりの筋肉を使ってると思います。

一般的な成人であれば片足で背伸びをしても全く問題ありませんよね。

それくらい強靭な筋肉です。

小さくピョンと上げます。
(その後は力を抜けば自動的に足を下す動きになります。)

小さなピョンですが、

力加減
フットボードの手前~奥
ペダルのビーターの角度
ペダルのスプリングの強さ

で調整が出来ます。一先ずは力加減とフットボードの踏む位置の変化で練習してみて下さい。

↓動画はコチラ↓

足を上げた時に、ビーターが元の位置(ツインペダルの左側)よりも

手前まで振れていればOKです。

この手前まで振れたビーターが戻る力に合わせてステップ3で踏む訳です。

筋肉の話に戻りますが、

やってはいけないのは、足の裏全体を水平に上にあげる動きです。

この踏み方をしている人は99%の確率で筋肉痛が起こりますよ。

3.足を下ろす

ステップ2でピョンと上げた足を下すだけです。

この時に、手前まで振れたビーターがバネの力でバスドラ側に戻ろうとします。

この動きに合わせて下す事で、力を入れずに大きな音が鳴らせるのです。

ここでは一先ず、つま先側で着地し、バスドラムのヘッドにビーターをつけてみて下さい。
(※ここの着地の仕方を変化させる事で、オープン奏法やダブルストロークに発展できます)

厳密にはつま先で着地する為に、足首は軽く固定する必要があります。
完全に足の力が抜けた場合は、踵からの着地になると思います。
しかし、今はあまり深く考える必要は無いと思います。

力を抜くだけなので、今更どうのこうの出来ないのです。

ステップ2の振り上げの時点で結果は殆ど決まっています。

上手くビーターのバネの戻りに合わせられない場合は、

ステップ2を振り返って

力加減(ピョンと上げるのを上げすぎか、上げなさすぎか)
フットボードの踏む位置(奥か手前か)
ビーターの角度
ペダルのスプリングの強さ

を色々試してみて下さい。

ただし、超初心者の一つ打ちの場合は力加減とフットボードの踏む位置で解決する事がほとんどです。

特に、フットボードの手前側で踏むと、操作感覚がゆっくりになります。

どうしても上手くいかない場合は、

ビーターの角度を深め(バスドラのヘッドから離す)
ペダルのスプリングの強さを弱める

事によって、ペダルの動きが遅くなる為、バネに合わせる動きが行いやすくなるかも知れません。

まとめ

いかがでしょうか。

バスドラを《踏む》と表現するとワンステップに聞こえますが、

実際は振り上げの動作が重要です。

しかも、バネが付いているペダルという道具を介する為に、実際は複雑な動きが要求されるのです。

これは多くの打楽器にも言えることではないでしょうか。

打楽器は、とりあえず音を鳴らすのは簡単です。

そして、初心者に限らず上達の壁に当たる時は振り上げ方で改善する事が殆どです。

なぜなら振り上げた時点(段取り)で振り下ろした音(結果)はほぼほぼ決まってしまうのですから。。。
(※例えばダブルストロークでは振り下しの仕方が次の音の振り上げに関係したりします)

まさに段取り八分!
私は全然仕事出来ませんがねw

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
♪ドラム系全記事一覧も是非ご覧ください♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)