【ドラム初心者】こんなに簡単に?!オープンリムショットをスコンスコン決めるたった一つのコツ

スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。

自称中級ドラマーです。

 

ドラム脱初心者の壁と言えば、

スネアのオープンリムショット…ではないでしょうか。

 

実は楽に決めるコツがあるのです。

それはズバリ、スネアの高さを調整する!です。

 

詳しく言い換えると、自分の自然な振りを行なった時に、

リムショットが決まる位置にスネアの高さを合わせるです。

 

スポンサーリンク

ステップ1.目をつぶって叩いてみる

目をつぶって簡単なリズムを叩いてみて下さい。

ここでリムショットが決まるようであればオッケーです。

決まらない時は以下の2種類のどちらかを判断して下さい。

失敗1.リム(フチ)だけを叩いてしまう

失敗2.スネアの面は叩いているが、リムショットでない

 

ステップ2.スネアの高さを調整する

ここでは、ステップ1で判断した失敗の種類によってスネアの高さを調整していきます。

ステップ2-1 リム(フチ)だけを叩いてしまう場合

スネアが高すぎるので、少し低くしましょう。

 

ステップ2-2 スネアの面は叩いているが、リムショットでない場合

スネアが低いので、少し高くしてみましょう。

 

以降、ステップ1とステップ2を繰り返していきます。

 

これでも改善しない場合、

スネアの角度の調整をしてみて下さい。

手前を高くするか、奥を高くするかです。

 

いかがでしょうか。

コメントもお待ちしております。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
♪ドラム系全記事一覧も是非ご覧ください♪