工事中【吹奏楽打楽器】あまり効果がない(正直無駄)と思うパーカス基礎練習2パターン

ごきげんいかがですか。

自称中級ドラマーです。

高校時代吹奏楽部から大学時代軽音楽部へと渡り歩いた(?)私ですが、

今思うとどうしても意義を見出せない練習が2つあります。

以下の2つです。

1.ゆっくりから加速するダブルストローク

2.指を伸ばすまで振りかぶってリバウンドを返す練習

もちろん、スティックを自在に操るという意味では意味が無くはないのですが、

この練習をするなら他にやるべき練習が沢山あると思います。

時間は有限です。

今の自分に必要な練習を分析できるのが短期間で上達するコツだと思います。

それではさっそく紹介していきたいと思います。

1.ゆっくりから加速するダブルストローク

まずは私のヘタクソな動画をご覧下さい。

これほど無駄な練習はないと思います。

あ、音大などの入試で出題されるなら練習するべきだと思います。

何が言いたいかと申しますと、

実際の曲中でこんな動きする事ありますか?って事です。

音大へ進学した打楽器奏者がソロで行う演奏、

俗にいうマルチパーカッションとかいうジャンルでは出てくるかもしれません。

少なくとも、私の人生においては

この練習が必要な曲を演奏したり聞いた事はございません。

ゆっくりのダブルストロークでの指の役割は、2打目を指で閉じて演奏します。

速くなってくると、指の役割はリバウンドを殺す事に代わります。

ちなみにこの記事は、こんな練習はあんまり意味ないよねって記事なので、

ダブルストロークの練習方法については解説しませんよ。

強いて言うなら、Youtubeの池脇さんのがわかりやすいと思います。

もちろん最初から実用的な速度での解説となってます。

2打目を指でなんか打ってませんよ。

2.指を伸ばすまで振りかぶってリバウンドを返す練習

まずは動画をご覧ください。

これはリバウンドを返したい目的で練習する事があると思います。

ここで無駄だと思うのは、指でショットをしている事です。

本物の楽器で、指を閉じながら演奏する事って殆どありませんよね。

指を閉じる演奏があるとすれば、

固くよく反発する打面の楽器を高速で打つ場合で
例:スネアドラムでテンポ120の6連符

かなり限定された場面でのみ使用する奏法なのです。

実際の楽器演奏におけるリバウンドの拾い方は、

腕全体でリバウンドを拾う99%以上

指でリバウンドを拾う1%未満

くらいのイメージです。

吹奏楽における打楽器パートの基礎練習では、

腕全体でリバウンドを拾う動きをあまりしません。

なぜ、99%以上の頻度の動きより、

1%未満の動きに重きを置いて練習する必要があるのでしょうか。

私ならこのように腕全体でリバウンドを拾う練習します。

動画をご覧下さい。

ティンパニを叩く動きに近づいたと思いませんか?

ティンパニやマリンバなどを演奏する動きを見ていると、指の開け閉めは殆ど登場しませんよね。

ティンパニの速いロールで前腕の回転(ドアノブを回すような動き)と組み合わせて少し動いているのかな?程度です。

基礎練習で指を使いたいならもっと速い連打で練習するべきです。

速いのが出来ないからゆっくりでやるんだという声が聞こえてきそうですが、

必要以上に遅い速度で練習する意味は無いと思います。

出来る限界に近い速度を繰り返して徐々にスピードアップを図るべきです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

打楽器演奏における指の役割は、

・腕主体のショット時にバチが飛んでいかないように掴んでおく

・腕主体のショット時にダブルストロークの為にリバウンドを殺す

・細かい動きでのショット

だと思います。

なので、ゆっくりの動きで指打ちをする状況は出てこないはずです。

『伝統だから』、『先輩にこう教わったから』という理由で

明確な効果を説明出来ない練習をしていませんか?

もちろん、部活動は集団行動ですので、

団体練習は意味が無いと思っていたとしても、大人しくこなすべきです。

バチを自在に操るという意味では練習しても良いかもしれません。

ただ、個人で練習する時には、今の自分に足りない練習を考えて

有意義な時間を過ごしてほしいです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
♪ドラム系全記事一覧も是非ご覧ください♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)