スプラッシュシンバルのセッティング位置、付け方は

スプラッシュシンバルを買ったけど、どこの位置にセッティングをしようか迷ってる方へ。

基本的にはハイハットの近くをおススメします。

私は最大でスプラッシュシンバルを3枚セッティングする事もあります。

それでは、自由気ままに解説していきます。

1.ハイハットとクラッシュの間

特に初心者がスプラッシュシンバルを1枚のみ使用する場合は

ハイハットとクラッシュの間に付けるのが無難です。

【写真】

理由は、スプラッシュシンバルはハイハットと組み合わせて使う事が多いからです。

例えば、ハイハットを16分で刻むリズムの頭がスプラッシュの場合、

右手の移動距離が短くて済みます。

ドラムセットは色々な楽器が組み合わさっています。

同じフレーズでも、移動距離によって難易度が大きく変わる事は意識しておきたいですね。

私が使用しているのは、TAMAの一般的なアタッチメントです。

シンバル直近の可動部が無段階(ギザギザじゃない)なので、細かなセッティングでも思い通りに可能です。

初心者にはおススメです。

2.ハイハットのクラッチに付ける

ハイハットの上に取り付ける方法もあります。

上側のハイハット(トップ)を取り付ける部品をクラッチと言いますが、

そのクラッチにハイハットを取り付けてしまいましょう。

メリット

・アタッチメントより軽いので移動が楽

・右手と左手両方で叩くフレーズがやりやすい

デメリット

・ハイハットを叩こうとするとスプラッシュが誤爆する可能性あり

3.シンバルの上に付ける

シンバルの上に付けるシンバルホルダーも存在します。

先ほど紹介したハイハットのクラッチ部分だと邪魔だけど、

アタッチメントを持ち歩くのは重い、

そんな方にお勧めです。

しかし、スプラッシュシンバルが遠くなってしまうので、

使用頻度が低い方や中級~上級者向け、

またはスプラッシュシンバルを複数枚セッティングする方向けです。

私は暴発を防ぐために、可動部があるCSA25を使って少し奥にセッティングしています。

4.タムの上

タムの上にセッティングする方法もあります。

【写真】

私が高校生の時は、スプラッシュシンバルが1枚でこのセッティングでした。

先輩が勝手にセッティングしたので、それが当たり前だと思っていました。

今になって思うと、やりにくかったです。

当時の自分に会えるなら、おススメしません。

しかし、最大のメリットは見た目です。

お客さんからスプラッシュシンバルの存在がハッキリとわかるはずです。

ライブ中に1回しか叩かなかったり、おニューのシンバルをお披露目する場合、

スプラッシュシンバルを称えるセッティングとしては大有りではないでしょうか。

セッティング方法は主に2種類です。

一つはアタッチメントをハイタムのスタンドに付ける方法。

もう一つは、フープに取り付ける用のアタッチメントを使用することです。

持ち運びの際の軽さや、将来カウベルを付けるなど、拡張性を重視したい人はコチラでも良いですね。

部室など固定の場所に置きっぱなしの場合は、最初に紹介した一般的なアタッチメントが値段、セッティングの幅の2点を考慮しておススメです。

5.おわりに

いかがでしたでしょうか。

シンバルを増やすとドラムも楽しくなりますよね。

上手く叩けないフレーズが出てきたら、セッティングを見直すことであっさり解決する事もあります。

ちなみに私は、ハイハットのクラッチを利用する方法を主に採用しています。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
♪サイトのご案内も是非ご覧ください♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。