電子ドラム(Roland V-drums)のパッドの反応が悪いので修理してみた

電子ドラム
スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。
自称中級ドラマー(@jisyoutyuukyuu)です。

10年前に購入した電子ドラムのパッドの反応が悪いので修理してみました。

スポンサーリンク

1.パッドはRoland PD-85

今回修理したのはRoland(ローランド)社の製品であるV-drumsという、
いわゆる電子ドラム(エレドラとも言ったりしますね)のパッドです。
製品名はPD-85です。

【PD-85画像】

(思い切って買い換えるのも有りですね。。。)

2007年夏頃に、TD-12とう音源モジュールと一式のセットで購入しました。
一年間せっせとアルバイトして貯めた35万円キャッシュで買った思い出の品です。

2.なぜ反応が悪くなったのか

反応が悪くなった理由は、

ヘッドの打撃を感知するセンサーに直結しているスポンジが収縮してしまった為です。

スポンジは本来、メッシュヘッドに僅かに触れています。

メッシュヘッドを叩いた振動をセンサーへ伝える役割をしています。
【イメージ画像はそのうち^^;】

しかし、スポンジが縮んでしまい、ヘッドに触れなくなると、

強めにメッシュパッド(面)を叩いてもリム(縁)の音が鳴ってしまいます。

タムを叩いているのにカンカンカンカン。練習にも身が入りません。

まるでメンテの悪い太鼓の達人みたいですね。

ちなみに、私自称中級ドラマーはドラムを本格的に始める前は自称上級ドンだーでした(謎)

3.準備するものはメラミンスポンジ

準備するものは以下の通りです。

・メラミンスポンジ 4*3.2*4cm
・事務用スティックのり
・定規(スケール)
・カッターナイフ

メラミンスポンジをダイソーで購入しました。

その他は家にあったものを利用しました。

チューニングキーは2つあった方が作業は捗るかも知れません。

一応メラミンスポンジの画像載せておきます。

【メラミンスポンジ画像】

4.作業開始

早速ヘッドを取り外します。
チューニングキーが2つあれば両手同時に外していった方が早いです。

【ヘッドを取った画像】

ヘッドを取り外すとこんな感じです。
ここの中心部に円錐形のスポンジがあります。

【スポンジ拡大画像】

電源ONの状態でこのスポンジを触ってみると、ヘッドを叩いた音がします。

どれくらい潰れているかを定規(スケール)で測定し・・・
写真だと2㎝くらいです。

【測定画像】

カッターナイフでメラミンスポンジをカットして下さい。
気持ち厚めの方が手直ししやすいです。
薄くなってしまったら諦めて新しくカットする事になります。

カットしたメラミンスポンジを、収縮してしまったスポンジの上に載せます。
載せる前に上面と底面にのりを着けました。
私は事務用のスティックのりを使用しましたが、
瞬間接着剤だとどうなるのでしょう。。。自己責任でお願いします。

【スポンジ載せた画像】

あとは、ヘッドを載せてチューニングキーでボルト締めて完成♪

【完成画像】

5.感想など

使用してみた感想は、新品の時と同等かは定かではありませんが、
大分改善しました。
10年使用した電子ドラムですが、まだまだ練習に使って行きたいと思います!

とはいえ、お金に余裕があれば買い換えたいのが本音です。

叩いている途中でスポンジがずれることもあります。

何度も修理していると、時間がかかります。

その時間で練習出来るじゃん!と思う事もしばしば、、、

社会人で週末ドラマーの方はサクッと新しいパッドで気持ちよく練習するのもアリかも知れませんね♪

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
♪ドラム系全記事一覧も是非ご覧ください♪