ドラム耳コピーのやり方。コツは?楽譜(ドラムスコア)の書き方、作り方についても解説

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマーです。

私は学生時代、軽音楽部でいくつものバンドを掛け持ちしていました。

曲数が多くなってくると頭の容量が足りなくなってきます。

初心者の頃は、1つのバンドで2曲でも覚えるのが大変でした。

耳コピして曲を覚えたつもりでも、いざ練習になると頭から抜けてしまうのです。

今では、耳コピするのと同時に楽譜を書いています。

練習中にチラ見する事で、より確実に演奏する事が出来ますよ。

また、数年後にメモを見返して、久しぶりに叩いてみるのも楽しかったりします。

1.耳コピ前に音源を出来るだけ聞いておく

本格的な耳コピ前に、音源を出来るだけ聞いておきましょう。

厳密には、この時から耳コピは始まっています。

1-1.1曲リピートで飽きるほどに聞きこむ

通勤通学の間に聞けるだけ聞いておきましょう。

聞けば聞くだけ良いです。

出来れば100回くらい聞いておくと、ざっくりと曲の全体が見えてきます。

1-2.曲の4つの要素を意識する

ドラムを叩くのに必要な曲の要素は4つあります。

・曲の構成、流れ(イントロ、Aメロ、Bメロ、サビなど)

・リズムパターン

・フィル

・キメ

これらを意識して聞きましょう。

ポイントは、どこになにがあるかを覚えていく事です。

例えば、

・全体的に8ビートだな

・Bメロのリズムにタムを使っているな

・Bメロの小節数が区切りが悪い(8や16じゃない)な

・サビはライドシンバルで刻んでいる

・2番のサビの終わりは3連符のフィルか

・アウトロでキメが多い

・キメの間にフィルインがある

みたいな感じです。

1-3.耳コピのイヤホンはカナル型がオススメ

イヤホンはカナル型(イヤーパッド付きでフィットするタイプ)がオススメです。

私はオーディオテクニカの低音重視タイプの製品を使っています。

バスドラムの聞きやすさが全然違います。

他に1万円超えのイヤホンも試聴しましたが、私には正直違いが感じられませんでした。

5000円程度までのイヤホンは、ハッキリと違いがあります。

コスパが良いという事ですね。

家ではヘッドホンを使っています。

ヘッドホンの方が音質が格段に良いです。持ち運びは不便ですが。

低音と高音の聞きやすさが両立されています。

イヤホンに比べると特にハイハットのオープンクローズ、タムが聞き取りやすくなります。

2.本格的な耳コピ。楽譜の書き方。

いよいよ本格的に耳コピしていきます。

大きく分けると4段階となります。

・構成

・リズムパターン

・キメ

・フィルイン

2-1.構成

曲の構成と小節数をメモしていきます。
イントロ8
Aメロ8
イントロ4
Aメロ8
Bメロ8
キメ1
サビ16
Gt.solo16
サビ8
サビ8
アウトロ16
キメ1
みたいな感じです。
とりあえず小節数だけを追っていきます。

以下画像の赤線部分です。

2-2.リズムパターン

リズムパターンを耳コピします。

以下の画像について解説します。

8小節のAメロです。

まず1小節目は普通の8ビートです。

ドドパツドドパツ

2、3小節目は1小節目と同じなので書いてありません。

4小節目にバスドラムのパターンとハイハットオープンが入ります。

5小節目は1小節目と同じパターンですが、簡略化のためにバスとスネアをなんとなく記載してます。

6小節目はバスドラムに変化があり、

7小節目に1小節目と同じパターンに戻り

8小節目は欠けてますがフィルインです。

この曲は少し変化多いですが、簡単な曲であれば、各構成の1小節目のパターンのみを書くのみで終わることもあります。

2-3.キメ

最終段階かつメインとも言える作業です。

曲によって必要な労力が大きく異なります。
(30分で終わる曲もあれば4時間掛った曲もありました)

挫折したくなる事もあると思いますが、頑張りましょう。

以下、画像について解説します。

7小節のアウトロ(曲の終わり)です。

1小節目は8分音符が書いてありますが、これはドドパツドドパツです。
覚えてしまっていたので、簡略化してあります。

2小節目にキメ
3小節目にリズム
4小節目にキメ
5小節目にリズム
6小節目にキメ
7小節目にシンバル伸ばしで終わり

2-4.フィルイン

あとは、フィルインをコピーしていきます。

4段階目としましたが、

リズムパターンや、キメと一緒にコピーしてもOKです。

私は、すぐに聞き取れるものは、そのようにしています。

長かったり、複雑で聞き取りにくいフィルを、最後にじっくり聞きこんでいます。

フィルインは耳コピの負担が大きい割りに、演奏時間は短い(1小節とか)ので、

後回しにする考えです。

3.耳コピのコツ

3-1.動画で耳コピしてみる

Youtubeやニコニコ動画などで、多くの人が叩いてみた動画をアップロードしています。

百聞は一見に如かず、とは耳コピの為にあるような言葉です。

頑張って耳コピするよりも、他人が叩いてみた動画を見る方が100倍速く耳コピ出来ます。

注意点としては、適当に叩いている可能性があることです。

決して鵜呑みにはせず、音源と聞き比べてみて下さい。

叩く人によって解釈が変わってくるのもドラムの面白い部分ではあります。

また、バンドのドラマー本人のプレイもライブ映像やPVで見る事が出来ます。

ドラムが目立つ所は、ドラマーがアップにされる事が多いです。

こちらも、音源とPVでプレイが違う事があります。

PVだと3点セットで叩いていたり、タムが無いなんてこともあるので注意しましょう。

3-2.多くの曲を耳コピして引き出しを増やす

ドラムの耳コピにおいて、引き出しが多い事はとても有利です。

言い換えると、引き出しの多さ=耳コピの力と言えます。

リズム、フィル、キメの全てにおいて、今までにどれだけ多くの種類のフレーズを叩いた事があるでしょうか。

楽器を演奏する事は、言葉を話す事と似ています。

例えば、英語を勉強したてでアルファベット26文字を覚えたての人が居たとします。

その人がappleという言葉を見て、

エー・ピー・ピー・エル・イー

という5文字のアルファベットの羅列と捉えるでしょう。

一方で、義務教育を受けた多くの人は、

りんご

と認識すると思います。

言葉を学習すると、

ストレスが無く、スムーズに快適に、記憶する事ができます。

ドラムも同じように、経験を積むことで、

耳コピがスムーズに出来るようになります。

例えば、以下のような8連打のフィルがあります。

”スネアスネアハイタムハイタムロータムロータムフロアフロア”

ドラムを数か月練習していれば、

”タタトトテテトト”

くらいの認識になるでしょう。

熟練者になれば

”タム回し”

くらいの認識にできます。

「あぁ、あれね」くらいで叩けるフレーズが、自分の中にあるドラムの引き出しです。

この引き出しの量が、ドラムのレベルの差にもなるのです。

いちいちリズムやフィルやキメに名前がある訳ではありませんが、

引き出しが増えるにつれて自然と「ああ、Aメロはアレね」となっていくものです。

3-3.悩み過ぎない

しっかり耳コピしようとすると、

ハイタムなのかロータムなのかわからない。

シンバルは16インチか18インチかわからない。

この音はライドをクラッシュさせているのだろうか。

など、悩む事があると思います。

考えてみてわからなければスパッと諦めましょう。

悩んで考えた結果に自信をもってプレイしましょう。

悩んでいる時間で他の練習が出来ます。

4.おわりに

いかがでしたでしょうか。

ドラムには、リズム、フィル、キメともに鉄板(あるある)フレーズがあります。

超初心者の場合は、耳コピ前にそちらを練習した方が良いかも知れません。

しっかり耳コピする事は辛いです。

しかし、そのフレーズがモノに出来たとき、ドラマーとして人段階レベルアップします。

言い換えると、テキトーに耳コピして自分の引き出しの範囲内でプレイしていると、

どれだけ時間をかけても成長できない(引き出しという面では)という事です。

こういう人、結構います。

上手くなるのは大変なのです。私も頑張ります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
♪サイトのご案内も是非ご覧ください♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




コメントの入力は終了しました。