電子ドラム10年使った感想【コスパ最強】(メリット→気軽さ、デメリット→打感)

電子ドラム
スポンサーリンク

ごきげんいかがですか。自称中級ドラマー(@jisyoutyuukyuu)です。

電子ドラムを買おうか迷っているあなた。

今すぐに買った方が良いです。

10年使ってみた感想などを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

1.電子ドラムを買った理由

電子ドラムを買った理由は、自宅でも練習したかったからです。

自宅でドラムが叩けるのは最大のメリットです。

私が電子ドラムを買った時は、大学生でした。

軽音楽部に所属しておりましたが、個人練習の時間はあまり取れませんでした。

軽音楽部は部員同士でバンドを組み、バンドの練習として部室の時間が割り当てられます。

個人練習が出来るのは、バンドの練習が入っていない時間となります。

しかも、他のドラマーも個人練習をしたいので、話し合って時間を分け合わなければなりません。

私は、ほとんど毎日、朝早く来て練習をしていましたが、

午後に時間が空いた時、夜に時間が空いた時になかなか個人練習をする事が出来ませんでした。

学校や自宅の近くに30分以内に通えるスタジオもありませんでした。

2.電子ドラムはRoland TD-12

買った電子ドラムはRolandのTD-12です。

35万円でした。

このモデルを選んだ理由は、2つあります。

・パッドがオールメッシュ

・ハイハットが実際に上下する

楽器屋さんで試奏し、一つ下のグレード(ハイハットが上下しない。約20万円)と比べましたが、、、

叩いた時のテンションの違いで35万円のTD-12を選びました。

現行だと、以下のTD-25が近い製品ですね。

これより上のモデルだと、練習用としてはオーバースペックだと思います。

ちなみにこの実際に上下に動くハイハットパッドは、Vハイハットと言います。

Vハイハットも数種類ありまして、今では本物と同じ2枚構成もあるみたいですね。進化したものです。

3.電子ドラムのメリット

電子ドラムのメリット1.気軽さ

電子ドラムの最大のメリットはドラムを叩く気軽さだと思っています。

打った感じとか生ドラムとは違うとか色々言われていますけど、

いつでも気軽に時間を気にせずドラムを叩く事が出来るって単純にスゴイです。

YouTubeのドラム講座を見ながら実際に叩いてみたり、

耳コピをしながら叩いてみたり、

オリジナルのフレーズを考えてみたり、

バスドラムの練習をじっくりしたり、

スタジオだと何か時間を無駄にしたような、という練習でも気兼ねなく出来ました。

インプット(学習)とアウトプット(実践)を細かく切り替えるような練習に向いているという事ですね。

思いついた事、やりたい事をすぐに出来る環境があるのがとても良かったです。

僕はお金を払って行う音楽スタジオの個人練習では、練習メニューを決めてます。

電子ドラムのメリット2.コスパ

僕は十二分に回収しました。

スタジオ練習が1時間500円だとすると、

700時間の練習で私の電子ドラムの購入金額の35万円になります。

700時間の練習とはどれくらいの頻度か計算しました。

1日に2時間だと約1年

週に7時間だと約2年

月に10時間だと約6年

週末ドラマーで、3年以上続ける自信があるなら購入するべきです。

スタジオへ出かける準備の時間や交通費、労力を考慮すると、

1時間1000円くらいで計算しても良い気がしますね。

そうすると、週に3時間の練習だとしても、

2年半で回収できる計算になります。

4.生ドラムも並列して練習

私が電子ドラムを買った時には大学生で軽音楽部に所属していましたので、

生ドラムと電子ドラムを叩く時間は同じくらいだったと思います。

朝早く学校へ行き、生ドラムで個人練習を行う事も、継続して行いました。

なので、電子ドラムの反発の良さに慣れてしまうような事は起こりませんでした。

初心者から電子ドラムをする方は何に注意すれば良いのか、また記載したいと思います。

4.電子ドラムのデメリット

電子ドラムのデメリットは2つです。

打感が生ドラムと大きく異なること
ヘッドホンから音がまとめて出ること

です。

電子ドラムのデメリット1.打感が生ドラムと大きく異なること

打った感触は生ドラムと電子ドラムでは異なります。

いくらメッシュパッドと言えども、生ドラムと同じにはなりません。

私は対策として、太めのスティックで電子ドラムを練習しています。

使用スティックは太さ15mmのTAMAのH215Bです。

生ドラムでは、太さ14mmのTAMのH214Bを使用しています。

すると、生ドラムを叩いた時の方が軽やかなフィーリングになります。

プレイヤーによるタッチの表現

打った感触のほかに、プレイヤー自体がスティックの当て方を変化させたときの差が全くないのも電子ドラムのデメリットです。

ゴスペルチョップスのように強力に叩いた時と、吹奏楽のプレイのように軽やかに叩いた時では、

音量のほかにアタックの強さが異なります。

【ゴスペルチョップスソロ】

【吹奏楽プレイ】

このプレイヤー主導によるアタックの強さの表現が電子ドラムでは練習できません。

ちなみに、普通の叩いてみた動画もYoutubeのサブチャンネルでやってます♪
★叩いてみた用チャンネル登録ボタン(押すとYoutubeが開きます)

電子ドラムのデメリット2.ヘッドホンから音がまとめて出ること

私が感じた電子ドラムのデメリットは、音がヘッドホンからまとめて出てくる事です。

当たり前なんですけどね。

最近、電子ドラムを中心に練習しているせいか、

スタジオで生ドラムを叩くと、自分の演奏する音がバラバラに飛んでくるのに違和感があります。

ドラムセットなのですからそれが当然なのですが、定期的に生ドラムを叩かないと、

生ドラムを叩く能力(耳の感覚)は落ちていくと感じました。

5.電子ドラムのトラブルや故障

5年くらいでパッドの反応が悪くなりました。

原因は、トリガーが経年劣化でつぶれてしまった事です。

トリガーとは、メッシュパッドの中に入っている、センサーの事です。

自分で直しました。

こちらの記事にて紹介しています。

電子ドラム(Roland V-drums)のパッドの反応が悪いので修理してみた

他は全くトラブルがありません。

6.電子ドラム使ってみて後悔したこと

最近、シンバルパッドを増設したのですが、

もっと早めに増設しておけば良かったです。

スプラッシュシンバルが登場する曲を練習する時がやっかいなのです。

私は脳内でスプラッシュシンバルを叩くかクラッシュシンバルで代用していました。

しかし、生ドラムを叩くときに上手く手が動かない時があります。

特に、社会人になってからは、ドラムを叩く環境が少なくなり、

どうしても生ドラムよりも電子ドラムを叩く時間の方が多くなっています。

割合でいうと9:1くらいかもしれません。

電子ドラムを多く叩く方は、出来る範囲で生ドラムに近いセッティングにする事をおススメします。

7.おわりに

いかがでしたでしょうか。

私は戸建てなので騒音とは無縁(ポコポコ音がするので深夜は練習しません)でした。

戸建てドラマーならば今すぐにでも買ってみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

もしこの記事が役に立った場合、僕を応援して頂ける場合、Youtubeのチャンネル登録をお願いします。

★チャンネル登録ボタン(押すとYoutubeが開きます)