ドラム練習

ドラム練習

ドラム基本リズムパターン 8ビート 鉄板10選

ドラムと言ったらまずは8ビート!ということで、定番の10パターンを叩いてみました。 ドラム初心者の方は、一通り叩けるようになると曲を覚える時に楽になるので是非チャレンジしてみて下さい。 ◆動画で見たい方はコチラ 8...
ドラム練習

ドラム 6連符 フィルイン 10選 【6ストローク・楽譜有】

ドラムの6連符のフィルインを10種類紹介してみます。 全て6ストロークロールという手順を使ったフレーズです。 フュージョンや吹奏楽で大活躍すること間違いなしです! 難しくて僕も練習中ですが、とてもかっこいいので挑戦してみて下さい。 ...
ドラム練習

ドラム練習(ゴスペルチョップス パッド基礎)1~4連打を並べてみたら・・・

ゴスペルチョップスを叩くための基礎練習をしてみました。 16分音符の流れの中で、1・2・3・4打を適当に並べて繰り返すものです。 3打はRLL(LRR)、4打はRLRR(LRLL)で叩きます。 シンプルながら、難し...
スポンサーリンク
ドラム練習

スウィベル奏法の練習記録【コツやポイントを書き留めておく】

スウィベル奏法を練習していて気づいたことを記録していくページです。 バスドラムを超高速で演奏したい、より自然なフットワークを目指したい気持ちで研究しています。 過去の自分へのアドバイスとして随時更新予定です。
ドラム練習

ドラムフレーズ集 スプラッシュシンバルの使い方 基本7選(+秀逸フレーズ)

ドラムのスプラッシュシンバルの使い方を解説する記事です。 スプラッシュシンバルの使い方がよくわからない… そんな方へフレーズを紹介、解説していきます。 スプラッシュシンバルのセッティングについての記事はコチラです↓ スプラッシュ...
ドラム練習

【ポリリズム】ドラムで5つ割フレーズを練習してみた

5つ割のリズムフレーズを練習してみました。 いわゆるポリリズムです。 難しいです。高確率で拍を見失います。 情報共有として譜面、動画を残しておきます。 僕は、ドラムの練習を行う上で、以下の3つが大切だと思って...
ドラム練習

2拍3連の練習方法をドラマーが解説してみる

吹奏楽の曲中に2拍3連があると、合奏中に必ず指揮者に捕まりますよね。 2拍3連が難しい、拍の取り方や練習方法について知りたい、 こんな疑問についての解説記事です。 動画で見たい方はコチラ 2拍3連の意味 2拍3連とは、2拍...
ドラム練習

ダブルストロークができない人のための4ステップの練習方法

ダブルストロークが出来ない人に、4ステップでコツを解説します。 動画で見たい方はコチラ↓ ステップ1.スティックを指で挟んで持つ スティックの横を挟んで持ってみましょう。 リバウンドした時に、スティックを妨げないことがポイン...
ドラム練習

バスドラムのダブルのヒール&トゥ奏法(ヒールアンドトゥ奏法)【やり方解説】

バスドラムのダブルストロークは、ヒール&トゥ奏法がオススメです。 理由は、1打目と2打目の動きが明らかに異なるのでわかりやすいからです。 ヒール&トゥ奏法は2種類あります。 1打目をカカトで踏むか、踏まないか、で2種類に分かれます。 ...
ドラム練習

バスドラムのトリプルストロークを踏む方法【ヒール&トゥで踏めます】

バスドラムのトリプルストロークを踏む方法についての記事です。 結論から言ってしまえば、ヒール&トゥ奏法もどきを使う事で踏めます。 こんな譜面を演奏してみます。 動画をご覧ください。 ...
ドラム練習

マーチなど、スネアの裏打ちのコツ

吹奏楽でよく演奏されるマーチ。 裏打ちが難しいですよね。 ちょっとしたコツや意識を紹介していきます。 1.表打ちがあっての裏打ちがある 裏打ちというものは、必ず表打ち(表拍とも表現します)があります。 裏打ち裏打ちと、”裏“と...
ドラム練習

シックスストロークを練習しよう【上級ドラマーは必ず使ってます】

中級ドラマーの入門とも言える手順RLLRRLを紹介します。 私自身、この手順を練習してから色々と引き出しが増えました。 応用させると、シングルストロークと組み合わせたり、 バスドラムに置き換えたり、かなり幅が広がります。 例えるなら...
ドラム練習

吹奏楽のドラムで初心者が練習するべき3大ジャンルと基本リズムパターン

吹奏楽部でドラムの曲以外の個人練習をしようとした時に、 何をすればいいかわからない事はありませんか? 吹奏楽部でドラムセットを使って演奏する曲は、概ね以下の3つのジャンルに分ける事ができます。 1.ロック&ポップス...
ドラム練習

ドラムのダウンアップ(アップダウン)奏法が出来ない人へ4つのコツや考え方

ドラムのダウンアップ奏法(アップダウン奏法)が出来ない人へ4つのコツ、考え方を紹介します。 ダウンアップ奏法の4つのコツや考え方は以下の通りです。 アップストロークのコツ【手をアップする】 ダウンストロークのコツ【腕で叩く】 ...
ドラム練習

ドラム5つ割りフレーズ練習してみた

ドラムの5つ割りフレーズって少し難しい感じがしますよね。 ハッキリ言ってあまり使う機会は無いです笑 しかし、ドラムソロやオリジナルバンドでスパイス的に使うと面白いですし、 何より一目置かれること間違いなしですので、初心者ドラマ...
スポンサーリンク